下部消化管(大腸)内視鏡検査を受ける方へ

                          

【検査の目的】

大腸にできる病気(炎症、潰瘍、ポリープ、がん等)を発見し、適切な治療法を考えるために行います。ある程度の大きさのポリープであれば、検査と同時に切除、治療します。

 

【方法】

消化管の運動を一時的に抑える注射と、希望により楽に検査が受けられるよう鎮静剤(少しうとうとした状態になります)の注射を行い検査を始めます。内視鏡を肛門から挿入し、大腸をまんべんなく観察します。必要に応じて小さな組織を採取して顕微鏡で検査することもあります(病理組織検査)。ある程度の大きさのポリープであれば検査と同時に切除、治療しますが、ポリープを切除した場合は治療後1-2週間程、飲酒や運動、重労働を避け安静を保つ要があります。

【検査前日のすごし方】

前日は朝から検査食を食べていただき、それ以降は寝るまでに水分を十分摂取して下さい。下剤は決められた時間に内服して下さい。飲酒は控えて下さい。

 

【検査当日の注意事項】

当日は食事を摂らず、朝から下剤を飲みます。一袋の下剤を1.8リットルの水に溶かし、約1時間かけて内服します。通常5回以上トイレに行き、黄色透明な液のみ排出されるようになれば前処置は完了です。高血圧や不整脈など心臓の薬、精神科の薬は朝早く内服し、それ以外の薬は飲まないで下さい。内服薬がよくわからない場合は予め医師にご相談下さい。

 

【検査後の注意事項】

鎮静剤の効果は人によって違いますが、半日ぐらい眠気やフラフラした感じが続くこともあります。鎮静剤の使用を希望される方は、検査当日に車やバイクの運転をしないようにしてください。ポリープを切除した場合は治療後2週間程、飲酒や運動、重労働を避け安静を保ってください。

 

心疾患(不整脈、狭心症、高血圧など)、緑内障、前立腺肥大症(夜中に何度もトイレに行く)の方はあらかじめお申し出下さい。また、疑問点がございましたら医師へお尋ね下さい。